おすすめ記事

ウチの子はしっかり栄養を摂れている?おやつ習慣を作ろう!

最近、保育園でママさんと子どもの食事についてお話しする機会がありました。

「うちの子はご飯を毎回3杯もおかわりして、食べすぎじゃないかと心配」
「うちは食べなさ過ぎて心配。好き嫌いも多くて……」

それぞれも家庭がそれぞれの悩みを抱えているんだなぁと改めて感じましたね。

うちのハルは、後者です。

パパがお野菜苦手なのを受け継いだか、緑色のものが料理に入るとわざわざ指でつまんで出したり。

好きなものや食べ慣れたものを食べた後は、ほかの料理に手を付けなかったり。

何より寝るのが好きらしく、寝るだけ寝て起きたら、朝ごはんをまったく食べずに遊んでばかりいることもあります。

あの手この手を試していますが、結局食べることにそんなに興味がないのかなー……

正直、栄養素の偏りも、食事が足りているのかも心配です。

同じ悩みを抱えている親御さん、けっこう多い気がしているのですが、どうですか?

親としては、大きく丈夫に成長してほしい。そのために色んなものをバランスよく食べてほしいですよね。

そこで今回は、「おやつ習慣を作りませんか?」という記事を書きました。

子どもにおやつが必要な理由

どんなに食欲旺盛な子でも、一回に食べられる量には限度があります。

なぜなら、大人に比べて胃が小さいから。単純明快ですね。

大人が3食で補える栄養素を同じ回数でとれない子どもたちは、どうしても食事の回数を増やす必要が出てきます。

保育園には必ずおやつの時間が組みこまれていますが、それはこのような理由からなんですね。

どんなものが<おやつ>になるのか?

カロリーを補うだけなら、市販の袋詰めのお菓子を与えておけばいいんじゃない?

こう書かれると、だいたいダメな気がしますよね。笑
その通りです。

市販のスナックやプチケーキは、もちろん美味しい。私も食べます。

しかしそれらが、油と糖分と添加物の塊であるということは、みなさん薄々ご存知のはずです。この情報社会ですからね。

子どもにはちゃんと栄養素を摂ってほしいのに、含まれていないものをあげてしまうのは本末転倒です。

お腹だけ膨れて、からだは満たされません。

もちろん、市販品がすべて悪いというわけではありません。
からだのことを考えて作られているおやつも売られています。

ただ、やはりその辺のスーパーで手軽に買えるお菓子に比べたら高価ですし、売られているものである以上どうしても添加物は含まれてしまいやすい。

毎日の積み重ねがどんな影響を及ぼすのか、ちょっと心配になるところです。

おやつではどんな栄養素を摂ったらいいの?

子どもに不足しがちで、なおかつ十分とってほしい栄養は、カルシウム、DHA&EPA、ビタミン類だそうです。

カルシウムは言うまでもなく、骨を作る成長期に大切な大切な栄養素。

チーズを混ぜたスコーンを焼いたり、はちみつやフルーツをいれたヨーグルトを出したり。

牛乳をそのまま飲むとお腹を壊してしまうハルには、特にカルシウムを多く摂れるようおやつをあげています。

DHAなどをお魚に含まれる栄養をおやつで摂るのは難しく思えるかもしれませんが、おにぎりに鮭を入れるのはそのためです。

ハルが嫌いなのでうちでは使えませんが、ツナ缶も手軽で良いですね。

煮干しなら、カルシウムも摂れて一石二鳥。

そのまま食べるには、子供にとっては堅いかもしれませんから注意して見てあげてくださいね!

煮干しをゆでたものなら柔らかく食べられて旨味もあり、ハルの好きなおやつの1つとなっています。

大人が食べても結構おいしいです。とった出汁は今晩のお味噌汁にできますよ!

他には、クッキーやスコーンには砕いたナッツ類を混ぜています。

焼くとより香ばしく美味しくなり、ハルはパクパク食べてくれます。

スコーンを作っておいて朝ごはんやおやつに出したりできるし、日持ちもするので休日に焼いています。

他によく用意するものとしては、煮たかぼちゃだったりさつまいも。

さつまいもやかぼちゃは自然な甘みと腹持ちの良さで、子供も満足するみたいです。

夏にトウモロコシをゆでたら、1本分を食べてしまったこともありました。

本当に食事の一環だ。

おやつは食事の一環とはいうものの

おやつで栄養素を摂りたいわけですから、おやつは食事の1回分として考えましょう!

と、本に書かれていました。笑

確かに、そんなおやつは理想です。

ただ、普段食卓に並ぶ、本当に食事のようなものばかりが<おやつ>だと、私としてはちょっと悲しいのです。

小学生の頃、本当に女の子らしい友達がいたのですが、家にお邪魔するとその子のお母さんがおやつを作って3時に出してくれたんです。

うちの母はあまり料理が得意ではなく、おやつの時間がそもそもありませんでした。

それは仕方ないことだと思います。得手不得手は誰にでもありますからね。

でも、そんな記憶が鮮明なのは、子どもながらにすごくうらやましかったからでしょう。

蒸しパンだったりクッキーだったり、たとえバターを使わない素朴なものだとしても、子どもにとっては特別なものになるんじゃないかと思います。

 

おやつ作りの参考になる本

おやつ作りの参考にしているのは、なかしましほさんの本です。

その名の通り、本当に初めてでも失敗しません。

恥ずかしながら私は、あまり料理が得意な方ではありません。

漠然とお菓子作りって手間がかかるし、時間もとられるし、やっぱり面倒なら続かないかもなーと思っていました。

が、おやつ作りってこんなに簡単にできるんだ!
しかも美味しい!

そう改めて、驚かせてくれた本です。

なんせ準備自体は5分~15分程度でできるものが多い上に、その間にオーブンを予熱して後は焼くだけなんですから。

ハードルがぐっと下がります。

こちらの本の中では、バナナのパンケーキと、スコーンをよく作ります。

ちなみに、改めて、というのはもう一冊持っているからです。

まいにち食べたい ごはんのような クッキーとビスケットの本 / なかしましほ 【ムック】

もともとこちらの本のファンでした。

甘いものが食べたいけれど、身体に負担のかからないものが良いなと思っている方は多いのでは?

このレシピ本は、バターや生クリームを使ったレシピが、他のお菓子レシピ本に比べて少ないです

きっと役に立ちますよ。

まとめ

兼業で忙しい中、日持ちもしてオイシイ身体に良いものを……となるとなかなか大変です。

まずは休日に作ってとっておけたり、そのまま切って出せるフルーツなどから冷蔵庫に準備しておいて、おやつ習慣を始めてみるのはいかがでしょうか。

また何か考えついたら載せるつもりですが、いつになることやらです。笑

今日もお読みいただきありがとうございました!