出産

無痛分娩希望者のために、2回無痛分娩した私が知ったことをまとめてみた。

突然ですが、みなさんは痛みには強い方ですか?

私は非常に弱いです。ひくくらい。

妊娠がわかった時、もちろん感動しました。しかしそれと同じくらい、

「痛みに弱い自分が、いざ出産するとなったらどうなってしまうんだろう?」

という恐怖がありました。

今回は、痛みにひじょーに弱い私が、無痛分娩をするにあたって調べたことや、実際に経験してみて知ったことをまとめました。

ここに書いた情報は、すべて私が通っていた産院から教わったことや、頂いたパンフレットを見て知ったものです。

経験談もちょこちょこ入っていますが、詳しい体験談はそれはそれは長くなりましたので、別記事に書きました。

無痛分娩体験レポート。ハル編。私の子どもたちは、2人とも無痛分娩で産まれました。 2年前にハル、今年になってミツ。それぞれ一筋縄ではいかないお産となりました。 ...
無痛分娩体験レポート。ミツ編。この前は、長男ハルの時の無痛分娩の記録を書きました。 ハルの時は麻酔を使った時間が短かったので、出産後の私はヘロヘロでした。 ...

今後、無痛分娩を希望される方の参考になれば幸いです。

そもそも無痛分娩とは?

私が出産した産院のパンフレットより。

無痛分娩とは、<麻酔の薬を使い、陣痛を和らげながら出産する方法>のことです。

麻酔といっても眠ってしまうものではなく、痛みは和らげてくれますが意識はちゃんとありますよ。

出産に伴う痛みを我慢するしかなかった時代もありましたが、医療の進歩というのは素晴らしいですね。すでに世界各国では日本よりも一般的で、アメリカでは経腟分娩の約6割、フランスでは約8割の産婦が選択している方法とのこと。

ただ、無痛、とはいうものの、まったく痛みを感じないわけではありません

いざ赤ちゃんを産む時に、タイミングがわからずいきめなくなると、出産に時間がかかり母子ともに出産に伴うリスクが上がってしまうからです。

確かに経験してみると、産む時は2回ともすごく痛かったです。残念。

でも、無痛分娩の時に使う痛み止めを使って死ぬほどの痛みだったので、痛み止めがない状態ならあれより痛いのか……。

無痛分娩じゃなければもう産みたくない。怖いもの。

というわけで、私自身は無痛分娩を選択したことに、何の後悔もありません。

ただ、「無痛分娩で産みたい!」と思っても、無痛分娩が適応にならない場合があります。

持病がある場合とかですね。詳しくは主治医と相談しましょう。

実際にどんな処置をするの?

麻酔をかける方法は様々です。点滴で麻酔を入れる方法もあるようですが、私が行った方法ではないので詳しいことは書けません。

私が実際に行った方法は、<脊髄くも膜下・硬膜外麻酔併用鎮痛法>という方法でした。CSEAともいうそうです。結局、この名前は最後まで覚えられなかったけれど。

https://www.proceduresconsult.jp/Home/ProcedureListing/ProcedureDetails/tabid/74/c/737/language/ja-JP/Default.aspx

一応その説明のリンク貼っておきましたが、医療従事者じゃなければ読むのは難しいかもしれません。

禁忌と、合併症のところを中心に見てもらえるといいかと思います。

脊髄くも膜下麻酔、硬膜外麻酔という2種類の麻酔をかけて、できるだけ早く、そして持続的に痛みを取り除く方法です。

ハルを出産した時は、陣痛を7時間経験した後にこの処置をしました。

あんなに痛かった陣痛が、すっと無くなった瞬間はなかなか衝撃的でした。

気になる無痛分娩のリスク

どんな医療行為にも少なからずリスクはあります。もちろん、無痛分娩にも。

残念ながら、無痛分娩には死亡例があります。当然、一番怖いのはそのことだったので、主治医にどんな状況だったのか訊きました。(私が出産した産院で起きた事故ではありません)

麻酔の薬が誤ったところに入り、脳に到達。結果、妊婦さんの呼吸が止まってしまったのに、麻酔をかけた医師がそばを離れたために発見が遅れた。

という出来事が重なった、病院の過失だったそうです。

主治医によれば、たとえ呼吸や心臓が止まったとしても、うちの産院では常に誰かがそばにいるし、呼吸管理と心臓マッサージを麻酔が醒めるまで続けるからね、とのことでした。汗

それで人間のカラダって大丈夫なんだ……。すごいな、以外の感想が出てこなかった。

百戦錬磨の医師&助産師さんの頼もしさ、ハンパじゃなかったです。

無痛分娩の恩恵は、出産する女性にとって大きいものであることは間違いありません。

しかし、リスクがどうしても気になる方は、納得いくまで主治医と相談することをおススメします。

自分だけでなく、赤ちゃんにも関わってくることです。あなたの家族全体にも。

妥協せずにいきましょう。

無痛での出産を経験して、知ったこと&感想など。

麻酔を背中から入れるの、とても怖いです。

「注射部位を見ないと刺される瞬間がわからないから絶対にイヤだ」タイプの私みたいな人間には、ものすごい恐怖でしたよ……。

痛み自体は大したことないんですよ。ちくちくするだけ。そのうちじんわりあったかくなってきて、足が痺れてきます。

ハルの時はすでに痛すぎて必死だったから実際よく覚えていません。でも、ミツの時はじっくりその恐怖を体験できました。笑

ベテラン看護師さんが手を握ってくれて、子どものようにその手を握り返し、終わった時はすでに汗びっしょり。

ちなみに、まれにかゆみや吐き気が出る方もいるそうです。私はありませんでした。

あとは、希望するしないに関わらず、リスクを低くするために、休日や夜間は無痛分娩を行えない場合があります。私のところはそうでした。

もし無痛分娩ができない時間帯に陣痛が来てしまった場合は、強力な痛み止めを筋肉注射する和痛分娩という方法がとられます。(産院によります)

その強力な痛み止めは、ソセゴンという薬でした。私の場合は副作用があったのですが、気になる方はハルの時の体験談を見てください。

無痛分娩体験レポート。ハル編。私の子どもたちは、2人とも無痛分娩で産まれました。 2年前にハル、今年になってミツ。それぞれ一筋縄ではいかないお産となりました。 ...

わずかとはいえ、リスクを伴うことは忘れてはいけません。

不安なことはとにかく、産院に早めの相談をしましょう。

おまけ・無痛分娩を選択した理由。

痛いのが嫌だからです。ほかにはない。笑

医療で取り除ける痛みなら取り除いてしまえばいいんですよ、そのための方法なのだから。

とは思ったものの、リスクのあることですからね。無痛分娩については、病院からもらったパンフレットも読み込んだし、主治医からの任意の説明も聞きに行ったし、自分でもいろいろ調べました。

モロモロを納得した上で、もちろん夫や家族の賛成もあり、どちらも無痛分娩を選択しました。

無痛分娩のリスクを知った上で私は無痛分娩を選択しますよ、という同意書を書くのですが、サインの欄には、私と夫の署名がどちらも書く必要がありました。

産む側だからだと言って、一人でサインして出すことはできません。

夫婦で良く話し合うことが必要です。

 

いろいろ調べた中で、無痛分娩に反対する意見を目にしました。

痛い思いをして産まないと母性が芽生えないなんて話もありましたが、じゃあ痛みを伴わない父親ってどうやって父親になるの? としか思えん。

妊娠出産はホント不公平なくらい、女性の体の負担が大きいですからね。家族の意見はもちろん聞くべきだけれど、産む方法は産む本人が決めるべきだと思います。

そういえば、イッテQで出川哲郎さんが、陣痛・出産時の痛みの疑似体験をしているのを見ました。壮絶でしたね。

無痛分娩だとは言え、それに伴う痛みも相当なものでした。夫にあんな思いはしてほしくないな。

旦那さんにも、奥さんに対してそんな思いを持ってほしいと思います。

無痛分娩を選択するにあたり、それまで無かったリスクが増えるのは確かです。

しかし、そもそも出産自体にリスクはありますからね。

納得のいく出産方法をみなさまが選択できることを、tentaは祈っておりますよ。