産後

2人目を産んだら歩けなくなったので初めて整体に行った話。

ミツを出産した時は、ハルと比べて出血量も少なく、無痛分娩もうまく長時間痛み止めを使用しながら行うことができたので、身体的に痛みやツラさが少なく家に帰ることができました。

無痛分娩体験レポート。ハル編。私の子どもたちは、2人とも無痛分娩で産まれました。 2年前にハル、今年になってミツ。それぞれ一筋縄ではいかないお産となりました。 ...
無痛分娩体験レポート。ミツ編。この前は、長男ハルの時の無痛分娩の記録を書きました。 ハルの時は麻酔を使った時間が短かったので、出産後の私はヘロヘロでした。 ...

「割と体力的に余裕があるなー、今回の出産は楽で良かった!!」

と思っていたのですがね……。

産後、そう簡単にカラダの回復は進んでくれませんでした。

急に歩けなくなりましたレポ

出産直後の入院中に、「なんとなく右の股関節が痛いな?」と感じてはいました。

痛くて、出産前に普通にできていたあぐらがかけなくなりました。右の膝が床につかないんです。極端に言えば立ち膝になってしまうような感じで、右の膝を床に近づけることができなかったんです。痛くて、股関節がぶつかるような感じがありました。

まあ、出産直後だし骨盤も開きに開いているだろうし、時間が経てば治るでしょーと軽く考えていました。とこちゃんベルトや、ハルの時にもお世話になった骨盤ベルト3点セットを装着しつつ、痛みが引くのを待っていました。

じわじわ痛みはあるけれど、往復20分程度のハルの保育園送り迎えはできるくらいに回復して、やっぱり痛くなくなったな良かったーなんて思っていたら。

出産から1か月ほど経って、突然歩けなくなりました。股関節が痛すぎて。

自宅でふとしゃがんだ後に、急に右股関節の痛みで立てなくなってしまいました。スローロリスのようにゆっくり動いてなんとか立てても、痛みで一歩が踏み出せません。焦った夫に支えてもらいながらベッドに行きました。

夫が休みの日で良かったよホント。

一晩経ったらなんとか歩けるくらいまでには回復はしたけれど、衝撃的な事態でしたね。

その日から、両股関節に重りを乗せられたような、ずずーんとした鈍痛が常にありました。特に気圧の低い日にミシミシ股関節がいう感覚は恐怖です。授乳に影響のない痛み止めを飲んだりして日々過ごしていました。

これは、回復するのかしら?

ヒトのカラダを持ち上げるような部署の体育会系ナースですけれど、この足は使い物になるでしょうか?

私が勤務している科はとにかく体力勝負です。歩けないと仕事になりません。死活問題。

転職or無職?

そんな選択まで、ふと頭をよぎりました。

保健師さんが教えてくれた整体

ミツの様子を見に、市の保健センターから自宅に保健師さんが来てくれました。ミツは成長曲線よりちょっと大きいくらいの、申し分ない成長ぶり。良かった。

そこでふと自分の足のことを、「他にもこんなママさんているんですか?」と尋ねました。
「日によっては問題なく歩ける時もあるけれど、一応整形外科とか行った方が良いんですかね?」って。

そうしたら、「産後の股関節痛や腰痛は骨盤のゆがみが原因のことが多いから、整体に行ってみたら良いよ!」と教えてくれました。

そして、わりと近所にある、産後の骨盤矯正もしてくれる整体師さんを紹介してくれました。

ハルの時は骨盤ベルトだけで大丈夫だったから、何となく頭になかった選択肢でした。

こうして、私の整体通いが始まったわけです。

初めての整体体験談

骨盤のゆがみが原因で出ている症状ならば、と、私は骨盤矯正コースに行ってみることにしました。

私が受けた流れを一緒に説明していきますね。

問診表記入

基本の患者情報に加えて、いつから、体のどこにどんな症状があるか、今一番困っていることは何か、気になる症状で治したい優先順位は? それをいつまでに治したいか? などを記載しました。

私は仕事に復帰したいので、「仕事に復帰する来年の4月までに右股関節の痛みを直したいです」と書きました。

問診表に基づいて、カラダを診る

問診表に基づき、整体師さんが気になった点を詳しく聞いてくれました。

「産後はおなかがポッコリするのを気にする方も多いけれど、どうですか?」

「股関節が痛いんですね。例えばどんな時に痛みが強くなりますか?」

「赤ちゃんが生まれると、おむつ替えとか床での作業が多くなりますね。どういった体制で授乳されていますか?」などなど。詳しーく。

それが終わると、今現在の私の立ち方の写真を撮られました。正面、横、後ろの3種類。

治療後に比較をするためですね。ちなみに許可制なので、写真はちょっと……という方は断ることもできるそう。

そして、ウエスト&ヒップの身体計測。後にこちらも施術前と比較しました。

次に、まっすぐ立って、実際に私のカラダがどんな風に歪んでいるかを診てもらいました。

結果、右肩と右の骨盤が少しずつ上がっており、肩は巻き型、骨盤を前に突き出すような腰に負担のかかる立ち方だと判明しました。

いわゆる<筋肉量のないヒトの立ち方>だった様です。

私は今現在162㎝50㎏です。もともと胃腸が弱く小食で、筋肉もつきにくいし太れない体質です。妊娠前体重は47㎏。痩せすぎだ、この体重に戻してはいけないよと産科医に怒られたため気を付けています。

太れない体質と言うと羨ましいと言われることが多いけれど、体力はないし力は出ないし寒いし体調崩しやすいし、良いことはないです。美味しいものを好きなだけ食べられて多少太っているくらいの方が健康的。私だって美味しいものたらふく食べたい。

話がそれました。失礼。

次に壁にかかとを付けて楽に立ってみてと言われました。私はかかと以外、後頭部も、お尻もふくらはぎも壁につきませんでした。だいぶ前のめりに立っている歪んだ姿勢。「それも治していきましょうね」はい治したいです。

施術開始

カラダの特徴がわかったところで、いよいよです。

ベッドに仰向けに寝かされ、いざ。骨盤矯正は、行ったり来たりはするけれど腹部、骨盤、股関節、ふくらはぎ、足首を施術しました。

まずは、内臓の位置を元に戻すためと、上から手のひらで腹部を押されました。ぐぐっとけっこう強めの力。あまり痛くはないけれど、急所だからかけっこう怖い。

次々に骨盤を左右から押したり、膝を立ててふくらはぎをもんだり、足首持ってぶらぶらされたり、コリをほぐすためのマッサージとはかなり違う施術が続きました。カイロみたいに体をバキバキされることもありません。

問診でも「痛いんです」と強調しておいた右の股関節、先生の親指でぐぐっと横から押されたらめ―っちゃ痛かった。「ここは靱帯です。だいぶ硬くなってますね」ほぐしますよーとまあまあ地獄見るくらいの痛みが5回くらいありましたが、それでほぐれたのか徐々に痛みが和らいでいきました。左股関節も同じようにされたけれどあんまり痛くなかったな。

40分ほどで施術終了。

2回目の身体測定など

股関節のコリをほぐされた後、あぐらを促されました。

フツーにできた。びっくりした。

右股関節にぶつかるような違和感はまだありますが、産後1回もつかなかった右の膝が床についたんだよ! 衝撃的だったよ。整体、おそるべし。

次に壁にかかとを付けて立ってみました。お尻が壁につくようになっている。

ヒップはミリ単位でしたが減り、ウエストもマイナス1㎝。

1回目でこんなに結果出るもんなの? というのが正直な感想です。通い続けて結果が出るものだと思っていたから驚いたのなんの。

もちろん続けることは必要です。次来るのが1か月後とかだとその間にカラダも元通りになってしまうし、今日の施術でカラダの痛みや違和感に変化があったかを聞きながら次からもやっていきますとのこと。

その場で次回の予約を1週間後にとりました。

最後に

整形外科にてナース経験のある私は、歩けなくなった時、これはまずいヤツだいずれ手術だとビビりました。しかし、今回のたった1回の施術で、そんな大げさな事態ではなかったみたいだとわかり、ひとまず安心しました。

実際、整体師という仕事を私はよく知りませんでした。

その身ひとつで患者のカラダを診ながら、ニーズに合わせた治療ができるって、控えめに言ってカッコ良すぎるわ。

整体で骨盤矯正をするには、9~12回の施術と2~3か月の期間が必要とのこと。もちろん治療効果には個人差もありますし、1回5000円ほどなので安くはないですね。

しかし仕事ができなくなったりずっと痛みがあることに比べればけっして高くない。治して稼ぐんだ私は。

今回は、まだたったの1回目。これからも通い続けるので、そのたびにカラダに起きる変化を記事にしていきたいと思います。回数券買おう。

ありがとう。整体師さん。これからもよろしくお願いします。