家事のこと

面倒な料理を時短したい。できることをまとめてみた。

家で暮らす。そんな当たり前のことには、もれなく家事がくっついてきます。

今日はその中でも、料理に限って思っていることを書きたいと思います。

家事の中で一番大変なのは、料理

もちろん他の意見もあるでしょう。異論認めます。

個人的にはという話です。

料理って、家事の中でも特殊じゃないですか?

床掃除、トイレ掃除、皿洗い、風呂掃除など、それぞれの家事の手順って大体決まっていると思うのです。

家事の中で、比較的工程が多いかな? と思われる洗濯でも、やることは決まっています。

洗濯物を分別→洗濯機に衣類と洗剤・柔軟剤入れる→スイッチポン→乾燥or干す→たたんでしまう。

ハンガーにかけた服をそのままクローゼットに入れる方もいるでしょう。私はこの、干す→たたんでしまうの過程が大嫌いなので、いつかクローゼットのたくさんある家に住みたいと思っています。すごくうらやましい。

しかし、それ以上に面倒だと思っているのが、料理です。

なぜなら、他の家事に比べて、圧倒的にその工程が複雑だからです。

料理は、工程が多すぎる

料理って、冷蔵庫のにあるものを切って、煮るなり焼くなりするだけにとどまりませんよね。

お財布の中身を把握し、食材を買ってきて、その食材が悪くならないうちに献立を考えて、いざ料理して、それを食べきるまでがワンセット。

そこまでして初めてゲームコンプリートです。

それが毎日毎日。ログボなし。なんならもれなく、皿洗いがついてきます。これはボーナスとは言えない。むしろ罰ゲームみたい。

料理を作って食べる、それに伴いやらなければいけないことが、他の家事に比べて段違いに多い。考えないといけないことも多くて疲れませんか。

しかも、これだけのことをやり、料理の出来があまり良くないときもある。

家庭料理がすべて美味しい必要はないと思うんです。こちとらプロじゃないし。

土井善治先生だって、著書の<一汁一菜でよいという提案>の中で、「家庭料理はそこまで美味しい物じゃなくても良いよ」という風なことをおっしゃっています。

ちなみに土井先生のレシピ本は最強です。この通りにすれば超美味しく作れる安心の一冊。いつもお世話になっています。

脱線しましたね。すみません。

しかし、できれば家庭でも美味しいものを食べたい。

百歩譲って自分だけで食べるならいいけれど、子どもの食いつきがよくなかったり、夫の表情が微妙だったりした時は、母&妻としてけっこう凹みません?

お惣菜&外食が悪いわけではないけれど

このご時世、冷凍食品にも美味しいものたくさんあります。

食材買って料理して皿洗いする手間まで考えれば、お惣菜を買ってきて食べて容器をポイの方がはるかに効率は良い。

そちらの方がむしろ安く済むものがあるのは、絶賛ワンオペ中のワーママとしてはとても有難いことです。

そういった、企業努力の結晶を使うのが悪いわけでは絶対にないです。むしろ大変なら使っていこうよ派。

しかし、できたての温かいものを食べさせたい&食品添加物がなんとなく心配&品数多くするとやっぱり安くは済まない、などモロモロの理由から、そこまでたくさん使うのもなー……。

というわけで、育休中はほぼ自炊(予定、笑)です。

育休中だからできることでもありますしね。仕事しながら自炊はほぼ無理。家電の力を借りたら、何とかなるかもしれないけれど。

実家に里帰りして思ったことですが、やっぱりおふくろの味って特別な美味しさがあります。ほっとするってとこう言うことか、と、身に沁みました。

入院前後は食欲がわかず、あまり食べられなかったけれど、母親の料理ってなぜか食べられるんですよねー。体調が悪い時こそ沁みる気がする。

私もいずれ、子どもたちにそんな料理を作れるようになりたい。それには、料理し続けて我が家の味を作っていくしかないですからね。

料理の工程を減らす方法

まあ、そうは言っても働きながら毎日は大変なので。

料理はざっくり、①買い物、②料理自体、③片付けに分けられます。

経験上、この工程の2つを楽にすると、続けやすいぞと気づきました。

おふくろの味を身に着けたい私は②は削りにくい。

必然的に、①と③を楽しよう!という発想にたどり着きました。

買い物は、何と言ってもネットスーパー。

重いものを運ばずに、指定した時間に来てくれるのが何より便利です。軽い物でもかさばって運びにくいモノっていっぱいありますからね。そういったモノのすべてを、幼子を抱えながら持たなくていいのもポイント高いです。

片付けは、食洗器の導入。

食器を付けおきする→洗う→乾かして、なんなら拭くという工程のすべてを入れてスイッチポンで解決できます。素晴らしい。

皿洗いというのは、生産性のまっったくない家事だと思います。マイナスを0に戻す家事のひとつ。

生産性のない、いわゆる<汚れたものを元通りに戻す家事>って、やっていてむなしい気持ちになることはありませんか。

食洗器は、いいぞ。

というか状況が許すなら、このグループの家事はすべて家電にさせるべきだと思っています。

まとめ

食事は、家族の健康を作るもの。

世のお母さま方は、できれば気を使って丁寧に作りたいと思っていることでしょう。

ただ、こんな大変なことを無理してやって疲弊すると、他のことにも支障が出てきてしまいます。

使えるものはとことん使うの精神で、お互い頑張りましょう。