家事のこと

共働きの家事分担で、離婚危機までいかないためにできること。

ワンオペ育児、という言葉が周知されるようになってきたのは、けっこう最近のことですよね。

それまでそんな名前はついていなかったけれど、同じ状況だった家庭がどれくらいあるのでしょうか。

共働きが当たり前のご時世ですが、実際に家事の負担って、皆さんのご家庭はどうなっていますか?

当たり前のことですが、共働きで同じくらい働いているのに、どちらか一方に家事が集中してしまったら、潰れます。カラダ壊しますよ、本当に。(経験済み)

時短勤務にしたら、お金じゃ買えないものが得られたのでまとめてみた。共働きだけど、仕事をせずに子供と一緒にいられたら良いのに。 それができなくても、時短で勤務ができたら。 働き方については、親...

我が家では私がどうしようもなくなって、時短勤務にしたほどです。

今回は、共働きの家事分担について、我が家で試行錯誤した記録を書きたいと思います。

夫は私がどんな家事を普段しているのか、マジで知らなかった

結婚する前に夫が住んでいた家に行った時、唖然としました。

ゴミ屋敷だったから。

床には洗濯された服や脱ぎ散らかした服が散乱、ついでにレシートやホコリ等も散乱。(ゴミ箱がそもそもなかった、床に置くとベタついたりする面倒なゴミはレジ袋にまとまってた)風呂場やシンクは水垢だらけ。

よくこんな部屋に彼女連れてこられたな、と心の中では思いました。

私の恋愛経験が乏しくて、男一人暮らしならこんなもんかと感じたのが幸いだったね。

脱線しましたが、そもそもそんなレベルの部屋に住んでいた人なので、床にホコリが溜まろうが何しようが気にならないんですね。

私もキレイ好きか問われると、今部屋の中にある段ボールの山を見てため息つきたいところですが笑、それでも水垢やホコリは気になるし、床に物を置くのもけっこうストレスたまります。

そんなわけで、子どもができる前の家事はほぼ私が担当してました。

私の母は、私が中学生になるまでは専業主婦、それからはパートで働いていました。父は仕事を掛け持ちしていたため帰宅時間も遅く、まぁ実家もそんな感じだったし、そんなもんだろうと。

二人ともフルタイム勤務ではありましたが、4週6休・1日の拘束時間およそ12時間の夫と、4週8休・拘束時間およそ9時間の私。この組み合わせでは私が家の家事をほぼ請け負っても仕方なかったと思います。

もともとの家事レベルがそんな感じの夫なので、私が私なりに手を抜いても気づかれないのは良い点だったかな。笑

この頃はまだ、ストレスなく家事を行えていました。

ハルが産まれて、生活が激変した

まず寝られない。

好きな時間に好きなことができない。

貧血で常に具合悪い。

これらすべてが、私のストレスとなりました。

最初こそ、働いている夫には夜はしっかり寝てもらいたい、と夜中一睡もせずにハルをあやし続けていました。しかし、ヒトのカラダにはいつか必ず限界がきます。

余裕がなくなると、やっぱりダメですね。

その時に、今までやってこなかった家事を当然やらずにケータイいじって好きなだけ寝ている(ように見える)夫に、腹が立たないわけありません。

こんなに私が疲れているのに、なぜ家事を分担してくれないんだ?

その時はただイライラして、一時期あれがうちの家庭でもっとも修羅場だったなーと思う時期を迎えるに至りました。

でも、今までしてこなかったことを急に察して行えって、無理でしょ。

今なら素直にそう思えます。言葉にして伝えるだけで良かったんだって。

子どもができた後の家事分担は、子どもを妊娠している間にでも、たくさん話し合っておくべきでした。

家事の分担票を作った

ただのノートを見開きにして、片側のページに自分のしている家事を書く。

もう片側に、夫にしてほしい家事の名称・やり方を書きましょう。

ここでやり方をすり合わせます。

すり合わせるっていうのが重要です。洗濯物のしまい方やたたみ方、干し方一つでも、効率のいい・お気に入りのやり方というのがあるのが厄介です。

そのやり方が違うと、イライラしてもういい! となってしまうというのはよくある話のようで。

やってくれた側も、してもらった側も、誰も幸せになりません。

産後でホルモンバランスが崩れまくった上に、寝不足が重なってしまうと、自分でも思いがけず怒ってしまうことがあるのです。イラついて怒ってしまって、あとで自己嫌悪に陥ったことがよくあったなぁ。

そんなことは、なるべく避けたいですよね。

自分の家事レベルも下げる

実際、ここまでできるはず、のレベルが高いと、自分も相手も苦労するだけです。

潔癖症で、何が何でもホコリを残したくない汚したくない! というのなら、私に止めることはできません。

しかし、ホコリや水垢、少しくらい溜まったって死にません。(嫌だけどね)

スキマがあったら寝てください。お子さんとお昼寝でもして、寝られるかわからない夜に備えましょう。

ちなみに、疲れているなーと感じた時、その疲れの40%は目の疲れだそうです。

スキマ時間の仮眠でも、目をアイマスクで覆ったり温めたりすると疲労回復効果は本当に違いますよ。

暗くした浴室でぬるめのお湯に浸かり、目も温タオルで覆ってカラダの力を抜くと、癒し効果は最強です。

そんな風にお風呂にゆっくり浸かって癒されたいですが、子どもが小さいワンオペ育児だとなかなかそうはいかないと思うので。

目を温めよう。良い香りのついているものだと、癒し効果もさらにアップです。

まとめ

現在は育休中のため、家事はほぼ10割私が担当しています。子供二人の子育てはもちろん初めてだけれど、一人目だけだった時より余裕がある感じ。

どんなことも、いずれやり方がわかってきます。

自分なりのやり方が、嫌でも作られていきます。

今だけの辛抱です。いずれ楽になり、笑い話にできる時が来ますから。

本日もお読みいただき、ありがとうございました。