家事のこと

子どもの風邪がうつると辛い。風邪をぶっ飛ばすレシピまとめ。

子どもが保育園に通い始めると特に、風邪をひくことは避けられません。

保育園に通い始めた頃から半年たつくらいまでの間、ハルは2週間ごとに熱を出していました。職場に電話かけまくり、復帰したら謝罪謝罪です。

しんどいものですよね。

周りの子育て経験者はみんな、口をそろえて「男の子はカラダが弱い、女の子の方が丈夫だった」というのですが、そんな気がします。

ただ、仕事ができない以上に辛いのは、苦しんでいる子供を見ることと、子どもの風邪がうつることです。

子どもの風邪って、強力なんですよね……。

喉の風邪なら喉が焼けるように痛いし声が出ず、鼻ならもう止まってもいいんじゃないってくらい鼻水止まらないし、発熱ならこんなに熱出したの何年ぶり?ってくらい熱出ます。全部経験済み。

仕事は休むにしても、自分がそんな体調の中、子どもの看病までして家事もやるってなるとしんどいですよー。

今回は、そんな風邪を早いとこぶっ飛ばすべく、食べるべきレシピを紹介していきたいと思います。

なるべく簡単で、カラダが温まり、子どもも食べられて、治癒に予防に効果のあったもの。

全部、風邪になるたびどこかで見かけて、自分なりにアレンジを加えて作り続けてきたものです。私はただの共働きママで、料理人でも何でもありません。レシピの分量はいつも適当に味見しながら作っているため、正確なものが載せられません。なので調味料のみ書いておきます。

これは果たしてレシピと呼べるのだろうか?

なんでもいいんだよ味付けなんて。大体ごま油と鶏がらスープの素入れれば美味しくなるよ。ただ、出汁は大事ですよね。

長ネギと卵の雑炊

材料:長ネギ、卵、ご飯、鶏がらスープ、水。

全部入れてコトコト、トロみがつくまで煮込めばOKです。

トロトロだと喉が痛む時にも良いですし、消化にも良いです。

ちなみに、大根か、レンコンのすりおろしを入れるとなお良し

喉が痛いなら、レンコンの方がおすすめです。炎症を沈めてくれる作用があります。

梅干し緑茶

材料:梅干し1粒、緑茶

温かい緑茶に梅干しを入れてつぶしたら完成です。お手軽。

言わずと知れた、梅干し。それを刻んで混ぜた殺菌作用のある緑茶であったまりましょう。

はちみつ大根

材料:はちみつ、大根

薄くイチョウ切りにした大根をハチミツで漬け込んで冷蔵庫へイン。

しばらくするとどんどん汁が出てきます。

この汁が喉の痛みをぶっ飛ばす特効薬になります。そのままスプーンで食べるも良し、お湯に溶かしたものを飲んであったまるもよし。

ハチミツだけでもいいのですが、体感的に大根は偉大です。

上記の雑炊を作って大根を入れるなら、ぜひこれも仕込んでみてください。

今思ったんですが、大根のすりおろしにハチミツ混ぜたのを食べた方が早く効果得られそうですね。今度からそうしよう。

風邪ひき専用スペシャルうどん

材料:卵、長ネギ、うどん、出汁、味噌。これも味付けはお好みで。

シイタケを入れて、うどんを長めに煮込むのがコツ。

くたくたに煮込んだうどんは消化も良いですし、食べやすいです。

うどんは子どもも喜んで食べてくれるのではないでしょうか。

少し食欲が出てきたら、これを食べて早く寝ましょう。

余談ですが、食べすぎは禁物です。

そもそも<消化>は、実はけっこうエネルギーを使います。

しんどくてだるくて食欲がないなら、水分だけ摂ってできるだけ寝ることを優先しましょう。食欲が出てきたなら、それは発熱などで消耗した分を食べたもので回復したいというカラダのサインですが、それまでは無理して食べてはいけませんよ

当たり前のことですが、家事はやらなくても死にませんので、ほっといて寝ましょうね。

皆さまの風邪が、なるべく早く治りますように。