プレパパ&プレママ

つわりで体重がガッツリ減ったけれど、子どもは大丈夫だよという話。

妊娠中に何が一番つらかった? と訊かれたら、私は間違いなくつわりと答えます。

何とも言えない辛さがあり、共働きで妊娠した私にとって、つわりの吐き気は脅威でした。

妊娠2か月から6か月までの間は、仕事中にトイレに駆け込みリバースしてまた仕事に戻る日々。

控えめに言って地獄です。二度と繰り返したくありません。

正直、長くても数日で終わる陣痛・出産よりもこちらの方が恐怖で、次の妊娠をためらったくらいです。

ここまでつわりがひどかったのは、長男ハルを妊娠している時でした。

つわりの症状が特にひどかった妊娠2か月~5か月までの間で、体重が7キロ減りました。

友人に話したら「ちょっとした子供の体重じゃん」とひかれました。

休日はトイレとベッドを行き来するしかない日もありました。

そんな限界寸前の状態で、ぼんやり思っていたのは、

こんなに食べられなくて、子どもは大丈夫なんだろうか?

ということでした。

初めての妊娠で不安も多かったので、余計に焦りました。

何とか食べられるものを探そうと、いろいろ食べてみて余計に気持ち悪くなったり。

結局、入院はしないものの3日連続でクリニックに通い点滴をしてもらうハメになりました。

そういったすべてのことが、ハルに及ぼす影響が心配でした。

でも、ハルは大丈夫でした。

つわりで体重が減っても赤ちゃんが大丈夫!

食べられるものだけ食べても、赤ちゃんに栄養はちゃんと行く

ハルは予定日を1日過ぎた日に、約2600gで産まれてきてくれました。

少し小さいかなと言われるくらいでしたが、ごくごく母乳を飲み、2か月でみるみるムチムチに。笑

退院時に行われる新生児マススクリーニング検査(赤ちゃんのかかとで行う採血検査、先天性疾患などの検査のために行われる)でも、まったく以上はありませんでした。

心の底からほっとしました。

妊娠4か月の時に、主治医に相談したことがあります。

「これだけ痩せたし、吐いてまったく食べられないけれど、赤ちゃんへの影響は大丈夫なんですか?」

「やっぱり無理してでも食べた方が良いんですか?」

それに対する医師の答えは、

「無理して食べて戻して体力消耗するよりは、食べられるものだけを少しずつ食べてあとは寝た方が良いよ。ただ、水分だけはしっかり摂ってね!」

とのことでした。

赤ちゃんは母体から好きなだけ栄養素を摂っていくので、食べられないのに食べるなど辛いことをわざわざする必要はないとのこと。

その結果の7キロ減だったのですね。

ただ、水分だけは摂らなければ、脱水を起こしてしまう危険性が高まります。

せっかく摂った水分も戻してしまう場合は、遠慮なく病院に来てねとのことでした。

脱水が疑われる場合、点滴で水分やその他の栄養素を補う治療が必要になるためです。

つわりでツラい時の強い味方

ハルの時はしんどい思いをしたつわりでしたが、ミツの時は比較的軽く、リバースした回数もトータルで2回!!

もちろん食べられるものは変わったけれど、こんなに楽で良かった!
(汚い話ですみません……)

2人目を妊娠した時、1人目のようなつわりが来たら、生活が破綻するという危機感がありました。

そこで、様々な対策をとりました。それは<2人目を妊娠したがつわりが怖い……>という記事に書いています。

2人目を妊娠したがつわりが怖い……。今からできる対策まとめ。待望の第二子妊娠がわかった時、もちろん喜びました。 それとほぼ同時に、 「また妊娠中の辛かったあれこれを経験することになるん...

参考になれば幸いです。

つわり対策では、エビオス錠を飲むことが私にとって一番効果があったことだと思っています。

エビオス錠はつわり専用というわけではありませんが、吐き気や胸やけを鎮め、妊産婦や虚弱体質者の栄養補給に効果的なサプリメントです。

他の記事にも、エビオス錠のことは書いていますので読んでみてくださいね。

【レビュー】つわりから私を救ったエビオス錠という神サプリに感謝を伝えたい。私のブログには、エビオス錠のことがたびたび出てきます。今回の主人公です。 私は、特に長男妊娠時のつわりがひどく、休日はベッドとトイ...
つわりになったらこれを見ろ!自分のためでもある対処法まとめ。つわり。あの頃は、今思い出しても本当に辛かった。 陣痛・出産の痛みとどっちが辛いかと聞かれて、つわりと答える人がいるのも頷けます。...

以上、体験談でした。

最後に

つわりの症状は千差万別です。周囲につわりがひどい人がいなかったので、私もなんとなく大丈夫だろうと思っていたらひどい目にあいました。

できる限りの対策はとっておくべきです。

ひどい目にあった私とのお約束です。

この記事を読んでくれた、現在妊娠をされている方のつわりが、少しでも軽く済むことを祈っています。