産後

一人目が産まれた後の生活リズムを、全部書いてみた。

子どもを産む前は、子どもが産まれた後にどんな生活が待っているのか想像もつきませんでした。
実際には、想像はしていたけれどここまで大変だとは思わなかった、という感じでした。
睡眠不足、一人で家事をやる疲労感、一人になれないストレス……。
それらがのしかかり、それらを解決しようと考え始めた時には疲れ切っていて何もできず、手遅れってこういうことか……と絶望しましたね。
想像するにも限界はありました。
今回は、私が産後に辛かったことを書いていきたいと思います。
子どもの個性はまさに十人十色なので、これだけしておけば大丈夫なんてことは書けませんが、一つの例として、参考になれば嬉しいです。

産後の生活リズム、ハル編(0か月~6か月頃まで)

22:00~8:00 基本起きている。授乳、おむつ替えの繰り返し。
8:00~12:00 仮眠
12:00~13:00 朝食&昼食を同時にとる
13:00~17:00 洗濯などの家事をできるだけ行う
17:00~ 子どもと一緒に入浴
18:00~ 夕食
20:00~22:00 22時帰宅の夫のご飯を作りつつ、できるだけ寝る

ざっくりですが、こんな感じで生きていました。
書き始めの時間が、まずおかしいですよね。完全に昼夜逆転です。
昼の時間も寝られるとは限らない。THE・睡眠不足で、もう常に眠くて頭がぼーっとしていたと思います。
きっと、もっとうまく家事をこなす方法はあったはずなんです。
しかし、疲れ切った頭では良いアイディアも浮かんでこないし、もし浮かんできてもそれを行う気力が残されていません。
夜勤もある職業柄、子どもが夜寝なくても大丈夫だろうと軽く考えていた自分を殴りたかったです。
本当に、睡眠って大事なんだなと身に染みました。

寝る時間を死守せよ

ハルは夜中に起きる子でした。夜10時~朝8時まで一睡もできないことが、生後半年たつまでは、ほぼ毎日でした。15~30分ごとに泣くので、私は必然的に眠れません。
ただ、1日のうち、いずれまとまって眠る時間がきます。
その頃には私もへとへとなので、そのタイミングを逃さず寝ることで、なんとか乗り切りました。
ただ、仮眠と書いてある時間も、眠れるとは限らないのが辛いところです……。

疲れをとることに重点を置くなら、できればまとまった睡眠を4時間以上とるべきです。

この4時間という数字に根拠はありません、すみません。
夫にハルを見ていてもらってぐっすり眠った時に、4時間眠ったらすっきりしたという体験に基づいています。眠れるなら好きなだけ寝た方が良い。本当に。
なぜなら、睡眠負債が貯まっていくからです。この言葉は最近知られるようになってきましたね。
以前は睡眠不足と呼ばれていましたが、睡眠不足が蓄積していくと様々な病気の原因になっていくということが解明されました。
睡眠負債について詳しくは、こちらを参考にしてください。

http://suimin-lab.com/article-5/

産休・育休中だからといって無理をせず、旦那様が休みの日に新生児の世話を任せて眠る時間を確保しましょう。
私の体験ですが、育休中なのだから夫には休みをまるまる休んでもらえるようにしなきゃ! と、自分がほぼ眠れていない状況でも夫の休日に子どもを完全に任せることに抵抗がありました。
結果、私が疲労とストレスをため込みすぎて、一時期家庭の雰囲気はサイアクでした。

新生児の世話をする方が疲れすぎると、悲惨な結末が待っているかもしれませんよ。
睡眠不足はそれくらいすべての軋轢のモトになります。
これだけは全力で解消できる方法を探しましょう。

1日くらい、風呂に入れなくても大丈夫

疲れてくると、風邪にもかかりやすくなります。
ワンオペ育児で世話する側が倒れることほど、壮絶なことはないです。
待っているのは絶望のみ。みたいな気分になりますよね……。
ご存知の通りだと思いますが、発熱時に体を冷やすと風邪が悪化します。寒さは大敵。
しかし、子どもがいると風呂に入れたりしなければならないし、水を使う家事の多いことよ。
そういう家事はせずに、子どものカラダは清拭して、さっさと寝てしまいましょう。
レンジで作った温タオルや、温めたお尻ふきで、カラダを拭くのみ~完~。
首筋、耳の裏、おへそ、足の付け根、足首、お尻。ムチムチしたところに汚れは溜まるので、そこを重点的に拭きましょう。
新陳代謝が激しい子どもを何日も風呂に入れないのはNGですが、1日くらい風呂に入れなくても大丈夫です。
体調が悪い時は、まず親側の体調不良を治すのが肝心です。

風邪をひいた時に効く簡単レシピを載せた記事もありますので、良ければ参考にしてください。

子どもの風邪がうつると辛い。風邪をぶっ飛ばすレシピまとめ。子どもが保育園に通い始めると特に、風邪をひくことは避けられません。 保育園に通い始めた頃から半年たつくらいまでの間、ハルは2週間ご...

一人の時間を作る

夫が帰ってきた時間に子どもが寝ていると、よく近所のコンビニまで一人で音楽を聴きながら歩きました。往復で10分ほどの時間です。
たったそれだけの時間でも、一人の時間に好きなことができると実感することは、私にとって大きな意味を持ちました。
大好きな音楽を聴き、外の空気を吸いながら散歩して、好きなスイーツを買って、ただ帰ってくる。
後で知ったのですが、ストレス解消法として、散歩、音楽を聴く(歌う)、外の空気を吸うということは最適な方法に当てはまるそうです。
確かにリフレッシュできました。

まとめ

繰り返しになりますが、子どもの個性は十人十色、生活リズムも十人十色です。
睡眠不足とストレスを解消することが、この頃の家庭を円満に保つ秘訣だったなと改めて感じています。
寝不足になる前に、その方法を考える一つの手助けになれば幸いです。